2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

長崎の作家もの

Cimg0349  長崎のアーケードにハタを売ってるコーナーを発見。おくんちの傘鉾 (かさぼこ) の絵が可愛く描かれています。

 作者は野田照雄氏。他にもおくんちの様子を色んな角度から描かれています。 実は雨やどりにも傘鉾の絵はがきや、鯨の潮吹きとオランダ漫才の一筆箋があります。

 他には、たぬき絵でお馴染の堤けんじ氏。長崎歴史博物館に堤氏の絵が可愛くユーモラスに展示されてました。

Cimg0348

 「解夏」の作中、風頭山で隆之が小川ハタ店の凧を飛ばすシーンがありました。 大きければ大きい程、凧はゆっくり優雅に宙を舞います。

 右のハタは約20センチ四方サイズ。 キット、飾り用かも知れませんね。

いつの間にか…その1・その2

Cimg0443  この夏に発売した、青陶房のマグカップ。この中に苔玉を入れてグリーンを演出してみました。

 確か、3カ月前までは2本の葉っぱが出てたのに、ふと気がつけば3枚目の新芽が…。手前の葉っぱがそうです。

何だか一生懸命な健気さが、嬉しくなりました。

「頑張れ!頑張れ!」とエールを送りたくなります…。

Cimg0446

 もう一つは、「私の心配の種」 の盆栽です。

霧吹きで優しく水やりをしてたら…あの堅~い福寿草の蕾が心なしか、ふんわりほころんで…。赤い南天の真下にあるのがそれです。

 いつの間にか“子育て”の心境です。心配をかける子供こそ、可愛くて気になるものです。 福寿草の 「福ちゃん」 頑張って!!

ハマってます。

Cimg0444  もう、随分前にテレビや雑誌。また経済新聞等で紹介された“斬新な”豆腐。

 ネーミングもそうですが、形も変です。この“風に吹かれて~” はサーフボードみたいな形で以前は“波乗りジョニー”だったと記憶します。

 いったい、どんな豆腐なのかずっと気になっていました。「京都まで行かないと食べれないのかしら?」と…。 すると、この秋になんと!長崎の夢彩都で発見! 

 早速、食べてみました。 「なんて、美味しいんでしょう!今までにない味。クリーミィ。豆乳の味が口一杯広がりました。和風チーズケーキみたいな……。」

 が、私の感想。秋から出会い、季節はもう冬。恋人ならばそろそろ別れの予感……なのに!なのに!“豆腐屋ジョニー” にまだ恋してる私。 皆さんの近くにもあるかも知れません。是非、豆腐コーナーを良~く探してみて下さい。

聖母マリア

Cimg0423  大浦天主堂の向かい側にカトリック教会があります。

その建物の入口に美しく優しく見守るマリア様。 この日早めにお店を閉めてもう一度、大浦天主堂を写そうと思って急ぎ足で歩いてました。

 すると、まるで引き込まれるように、この光の中のマリア像が私の目の前に現れたのです。 しばし、目を閉じて、手を合わせたくなるそんな気持ちになりました…。

 クリスマスまで、あと2日。皆さんはどんな思いで過ごしますか?

遠藤周作記念館

Cimg0411_1  外海町にある遠藤周作記念館。 もう、何回も行ってるのに何故か周期的に足を運びたくなる場所。

 この日は一段高い所から全景を写しました。そして、この場所に道の駅がオープンし、連日買い物客で賑わっているようです。 この日は風が強く、この場所で写真を撮るのが必死でした。白波が立ってるのが分かりますか?

Cimg0410 少し角度を変えてもう一枚。どんよりと曇った空は、重くのしかかり海の色までも飲み込んでしまいそうです。

 まるで、遠藤氏の作品 「沈黙」 の一説を思わせます。

プラダを着た悪魔

 昨夜は「女性day」だったので、前々から見たかった映画を見に行きました。メリル・ストリープ主演の「プラダを着た悪魔」。

 まさに大女優の貫禄。 なんてお洒落でカッコいい! 鬼の編集長・ミランダのアシスタントを務めるダサい新人役のアン・ハサウェィ。夢の実現に向けて、無理・難題をこなします。そして、みるみる輝く女性に成長していく過程が何ともおもしろい…。

 映画を見ながらファッションを盗みました。早速家に帰って、今ある大きく肩が開いた黒のセーターに、パリッと糊がきいた白いシャツの襟を立てて…。長めのパールでアクセント! モノトーンでいい感じになりました。

 映画って、だから好きっ。色んな楽しみ方があります。時間がありましたら、是非!

↓ここをクリック。メリル・ストリープの作品もたくさん見れます。

    http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325271/

心配の種

Cimg0406 Cimg0405 とある忘年会で、なんと! この素晴らしい (?) 盆栽が当りました。喜んでいいのか、悲しんでいいのか……。

 商品を提供された、造園業の社長さんによると 

「この福寿草 (右の写真。真中にある薄い色のベージュのつぼみ) は来年の二月ごろ、淡い黄色の花が咲きますよ。楽しみですね!」と。 思わずドキッ!

 確かに、一つの花器の中に“松竹梅”が入り“究極の日本庭園は苔”と言われる程、周りにはびっちりと苔が生えています。まるで我が家だけ、もうお正月が来たようです。

 【庭の花植え大好き】な友人に聞いても……「ガーデニングは大好きだけど盆栽はちょっとねぇ…」と言われました。

 司会者曰く

 「この盆栽は10年の歳月をかけて、大切に育てました」 なのか、

 「この盆栽は定価10万です。」 なのか、

 とにかく10の数字に関係する話でした。 (私、美味しい料理に夢中でしたから…)

 そんな訳で、枯らさない用に、花を咲かすようにと皆に言われ、責任重大。

 【あぁ、また要らぬ心配の種が出来ました】と。

どなたか、盆栽に詳しい人、アドバイスをお願いいたします。

 

自己満足の世界

Cimg0402  12月に入り、お店の模様替えを少ししました。テーブルクロスを赤と緑。生地を少し厚目にするだけで、こんなに暖かい雰囲気になりました。

 「ねぇ、私何だかこのコーナー気に入っているのよ。」と周りの人々に言えば

 「うーん、それって自己満足?」って言われます。

確かにそうかもしれませんね。 でも…ばらの模様のマグカップや、フルーツピックなど、よく売れますよ。 一日中お店に居る私にとって、やはり居心地のよい空間が体に一番!だと思います。

 皆さん、居心地はいいですか?

長崎歴史文化観光検定

Cimg0396  前回、話題になった長崎検定。

たった一点差で、涙をのんだ私。(宝塚のまりこさんは合格でした……ねっ!) と、意外と気にしてる私かも…?

 年明け早々にまた、第二回目の検定があります。

でも…もう、私は受験しません…。横で、私のブログを見ていた娘が

「へ~っ、もう受験しないの?」 と聞きます。 「そうよ!もう受験しなくても、すっかり長崎人だから…」 と、理由にならない理由を言ってます。(笑)

 でも、長崎を愛する皆さん! 是非、検定試験に挑戦してみてください。 勉強する事で「あなたの知らない長崎」 を又知る事が出来ますよ。 詳しくは↓  

   www.nagasaki-cci.or.jp/nagasaki/gyomu/n.kentei/HP-01.html

創業宝永元年 since1704

Cimg0391 Cimg0392

長崎市栄町にある、「BAR INOKUTIYA」  ずっと、以前から気になっていました。 300年ほど続く酒屋さんです。でも最近、歴史ある建物を生かしてこんなお店に変化しました。

 初めは、この「目玉おやじ」みたいな看板にドキッ! 二階の垂れ幕もおしゃれだし、ほんのりガラス越しに明かりが見える部屋も、お客さんでいっぱいでした。

 Cimg0394                    今夜は、二次会で来たので軽く飲み物だけにしました。

次回はお料理も頂きたいと思います。店内の雰囲気もまるでタイムスリップしたみたいに超クラシカル。黒光りした廊下や、急な勾配の階段も昔のまま。 どこか古くて、どこか新しい……、新旧の調和がいい感じでとれてます。 

Cimg0397 決して、回し者ではありませんが、左の名刺が「猪口屋」の案内です。

まだまだ、私が愛する長崎は発掘する場所がありそうです……。

ハウステンボスに行きた~い!

Cimg0344 浜の町に、こんな看板がかかっています。

 【光の街のクリスマス】

この季節になると、キラキラ輝くイルミネーションの光がテレビや雑誌で目に入ります。

 東京ディズニーランドが若者のデートスポットならば、ハウステンボスは、派手さはなくても、静かな大人のクリスマスが過ごせます。 キーンと肌をさす冷たい空気の中、暖かい光が心も体も優しく包んでくれます。 やっぱり、今年こそ “冬のハウステンボス” に行きた~い!

電車ネクタイ新発売!

Cimg0387 Cimg0382 長崎カステラねくたいに次ぐ、第2弾が発売されました。

紺地に斜めに線路が描かれ、可愛い電車が走っています。

 今回も、長崎の大学生が全国に呼びかけデザインを公募しました。 採用された方は横浜在住の方です。

 私は、このネクタイが一目で気に入りました。なんて、素敵でおしゃれなデザイン。トラディショナルで正統派。  色も紺色だけです。 お値段は¥5000

 クリスマスプレゼントにいかが? もちろん、雨やどりで発売中。

早速、今日、 「テレビを見ました。」 と言って若いお嬢さんが買いにみえました。お父さんのクリスマスプレゼントだそうです。 何だか、嬉しくっておまけをたくさん付けました…。

長崎初上陸!

Cimg0377  全国的に有名な 「佐世保バーガー」

その佐世保バーガーが、長崎にやってきました。しかも!あの有名な 「ログキット」。数ヶ月前にも自動車のコマーシャルで、ここの女性オーナー。彼女がカウボーイハットをかぶって、チラリッと画面に映ったのを覚えています。

しかし、どう言う事でしょう……誰も並んでいません。場所は…新地町から浜町へ向かう途中のユニードダイエーの一角にあります。

 佐世保では、1時間待ち、2時間待ちは当たり前と言われるのに…。残念ながら、この日は私も買っていません。写真のみ撮影しました。

 近いうちに必ずや買ってみなきゃ~!

感想はその時まで……。

道化師のソネット

 自由飛行館へ行きました。寒い寒い外から入った瞬間、Cimg0368

暖ったか~いお店はホッとする空間です。

 懐かしい (と、言うより私は初めて見ましたが…。) ポスターです。

 他にも「随想録」や「夢供養」のポスターも…。

「夏・長崎から」以外の季節にゆっくり遊びにお出で下さい。

Cimg0369 店先には、こんな美味しそうなメニューが出ています。

 「さだ家のボルシチ」は今からの季節にぴったり。

 身も心も暖まります…。

師走の催し。

Cimg0342_1  浜の町アーケードを歩いていたらこんなイベントが…。

「50メートルのロールケーキを皆んなで作ろう!」

参加費は一人600円。帰りにこのケーキを一人に2箱プレゼントされます。 何だか楽しそう…。

 でも…たった今、美味しいランチをたっぷり食べた後の私は、とても、とてもロールケーキを巻く気にもなれず写真撮影のみ。  

 

先ず、各自のスポンジ生地にジャムを塗ります。

50メートルのケーキを作るのは、砂糖も小麦粉も卵も、相当使います。            大人もCimg0355 子供も真剣な眼差し。   Cimg0352_1「せーの!」で一斉に巻き始めました。    50メートル先の人達と息は合ってるのかしら? 

 Cimg0357                    実は、こんな失敗作も…。でも見物人も作る人もニコニコ顔。 甘いものはみんなを幸せな気持ちにさせますね。

最後にパティシエが粉砂糖を振って完成しました。Cimg0362 スタートしてから約40分。

 一番疲れたのは…私でした……。

           

大捕り物!

Cimg0370 自由飛行館の帰りにとんでもない光景に出会いました。鍛冶屋町 (銀嶺がある通り) にニホンザルが出没。

 警察官が数名とやじ馬数十人。その中の一人が私です。こんな時にデジカメがあって本当によかった。

 これは3階のビルの屋上をゆうゆうと散歩してるニホンザル。キット、成人の男子ね。

 

ビルの谷間をピョンピョンと渡り歩き、銀嶺前の駐車場Cimg0372

の木の上に。周りの喧騒を尻目に悠々とした表情。

さすが、ニホンザルの貫禄です。私の位置から目と

鼻の先でした。こちらに飛んで来たらどうしよう…。

Cimg0375 いつの間にかこんなにいっぱいの人たち。

自動車の向こうが駐車場ですが、その奥に逃げ込みました。  丸山公園派出所からも応援がきました。

その後、このニホンザルがどんなになったのかは、分かりません。 この日の最高気温は…9度。 これ以上いたら風邪引きそうなので、後ろ髪を引かれながらその場を立ち去りました…残念。

大浦天主堂の夜

 12月に入り、いよいよ今年も残りわずかになりました。大浦天主堂もライトアップされてます。 でも…イマイチ豪華さがありません。 教会は豪華な飾り付けよりも、「静かな祈り」 が重要視されるのでしょうか? 

 どうも私のような下世話な考えは、「説教部屋」 に連れて行かれそうです。反省!反省!Cimg0340

サファイア・プリンセス 第2弾!

Cimg0337 今年最後の豪華客船 【サファイア・プリンセス】 が11月25日と30日の両日に入港しました。

 その日は外国人のお客様で雨やどりも大忙しでした。(本当に?見栄をはってないのぉ?という声がちらほら…)

でも…本当に忙しかったです。本日の売れ筋 NO.1は…日本酒でした。

「rice wine?」 とか 「japanese sake?」 などと聞かれると、もちろん潜流酒造3点セットを勧めます。試飲を勧めるとけっこう皆さん気に入ります。ダントツが「がんばらんば」でした。「ファイト!ファイト!」の意味も教えました。 マイルド過ぎる人にはアルコール度数が18度の「精霊流し」を勧めました。こちらも 「more strong!」って事で人気でした。

その日のディナー、もしくは各部屋で「がんばらんば」や「精霊流し」を美味しく飲んでる外国人がいると思うと何だか「うふっ!」って気持ちです。 さすがに、「決して、空き瓶は捨てたらファンから叱られますよ。」とは言えなかった…と、言うよりそんな難しい英語は喋れなかった。が正しいです…。

 まだ、続きがあります。実はKIMONOを少々置いてみました。外国人好みの浮世絵や芸者系の派手さはないけれど日本的な美しさが残るリサイクル着物。つまり…古着です。

「low price because old cloth」 と紙に書きました。背がスラリとした外国人に羽織がとても似合います。しかもガウンみたいに着るそうです。 織り傷や、色むらは全く気にしませんが汚れはいけません。小さな汚れを見つけ「price down!」と言われ(その前に既に2枚お買い上げ)ました。とても素敵なファミリーだったので思わず「OK!present for you」と言ったら大喜びされて、思わず私は抱きしめられました。何度も、何度も……。お金を払う時もまた抱擁…。台湾系の人達で名刺を渡し「台湾へ来たら必ず連絡しなさい。今度は私たちがご馳走します!」とまで言われました。

 なんて、楽しい出会いでしょう…。 英語が出来ない私でも身振り手振りで大丈夫!勇気を持ってコミュニケーションとりましょ!

 そうそう、この写真。 雨やどりの窓から撮りました。洋館の屋根のすぐ向こうに船が見えるでしょ? しかも稲佐山の直ぐ下方に…。いかに大きいかがうかがえます。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »