2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

義理堅いJ子さん

028 またまた 食べてますsweat01

 松ヶ枝ターミナルで販売し始めて 約7~8年になります。

ちょっとしたキッカケで リサイクル着物を売ってる人と知り合いになりました。 彼女にそこを紹介をしたら

「楽しそう。是非 やってみたいわ。」 と。

 いざ蓋を開けてみると…断然 私の店より、よく売れてます。

羽織¥1000  長着¥2000  着物生地で作った絹のスカーフ¥2500 

すべて、リサイクル品ですが 状態は綺麗ですし、正絹だから 間違いありません。

男性用の黒い羽織を、欧米人の恰幅のよい殿方が着ると…まるで 007のジェームスボンドみたいです。 裏地が 龍や虎の模様が びっしりと描かれてます。

惚れ惚れするくらい 似合ってますheart04

 彼女は 「E子さんの、お蔭。」 っていつも言います。

そう言っては 何回 ご馳走になった事か。 もう 充分すぎるくらいご馳走になりました。

だけど 今日は

「E子さん、この前の欧米船の売り上げは 過去 最高だったのよ。 E子さんに どうしても ご馳走したいわlovely」 と。

 そんな訳で せっかく ダイエットを誓った私ですが お誘いに乗ってしまいましたhappy01

029 031 中華サラダや、点心。


032 033 カシュ-ナッツと鶏の炒め物。 北京ダック。

034 035 いかの炒め物。ふかひれスープ。

036 037 熱々の中華おこげ。

デザートの杏仁豆腐。 ふ~っ、お腹いっぱいですsweat01

 前回の私が食べた ちゃんぽん、皿うどん とは大違い。

J子さん、 私こそ喜んで頂き 本当に嬉しいです。

これからも お互いに刺激し合って 更なる売上を 更新しましょうね。

新地中華街に誕生

067 新地中華街に新しいお店がOPENしました。060 059 店内は、いたってシンプル。 とても中華料理店とは思えない内装。

クリスマスツリーが飾ってますね。 実は…コレ、去年の事ですsweat01

068 メニューもかなり シンプル。 品数が少ないです。

でも…ほとんどが観光客なら この料理数で充分ですよね。

ちゃんぽん、皿うどん、炒飯。 この3品で 長崎の味が 感じれるから…。

061 062 勿論、私達も 定番のちゃんぽん、皿うどんです。

ちゃんぽんは “ザ・フツー” ですが、この皿うどんが 一味もふた味も違ってました。

「どこが どう、違うの?」 と、友は言います。

「いや~、何と言うか。 一度食べたら 病み付きになるような…そんな味さ。 もしかして麻薬みたいな 何か不思議な物が入ってるのではないかしらsign02」 と私。

「失礼なannoy 麻薬も、なんにも入ってませんannoy

と、もしもお店の方の耳に入ったらキット 名誉棄損で訴えられるかも…おぉ、怖っthink 

 でも…本当に美味しいんです。 とっても、不思議な味。

064 小龍包も注文しました。 やはり こちらは普通の美味しさ。 皿うどんみたいに感動もありませんでした。

 やっぱり、久しぶりに 皿うどんを食べに行かなきゃあdash

ランタンも終わりました。

001 お馴染みの めがね橋に架かる 黄色のランタン。

本当に可愛いです。

今年は、ランタンに行く相手もいないしweep 夜に美しい光のオブジェも見ずじまいでした。

(友人は、 “友、遠方から来る” と言うことで 毎晩毎晩 あちこちをご案内して かなりお疲れムードです。 )

そんなある日、この近くの美容室へ用事が出来たので ちょっと寄り道しました。

004 中島川周辺には 鯉のオブジェ。

流石に 適材適所に飾り物が 飾られてますね。 夜だったら もっと、キレイでしょうね。

003 ほらっ、ほらっsign03

中島川のほとりにある ハートストーン。 

若いお嬢さんたち…皆さん、幸せになってねnote

バレンタイン

008 バレンタインも終わり、やれやれって感じです。

 先日、長崎でも5~6件 支店を持つ ちょっと有名なケーキ屋さんへ行きました。

店内に一歩 足を踏み入れると 甘い香りがプ~ンと、漂います。

そして、目に留まったのがコレ。 石畳ショコラです。 ずいぶん前から話題になってました。

010 箱から取り出すと

「わ~っ、 チョコだらけ~sweat01」 って感じ。 ココアパウダーが美しくコーティングされてます。 

011 切ってみました。 断面が汚くてごめんさいcoldsweats01

なんでも、この何層にも重なった所が 長崎の石畳を表現されてるとか……ふ~ん。

012 なにかに と、注釈はしましたが…こうして、久しぶり 自由飛行館の カップで 紅茶を頂きました。 

何とも、美味しくて幸せな時間です。 濃厚な、ケーキでしたsweat01

006 それよりも、気になったのがコレです。

先日の、遠藤周作文学館への帰りに 外海道の駅に 寄りました。 道の駅…好きですheart04

皆さんんも、ピースミュージアムのオリジナルの “ゆうこう飴” は、ご存知ですね?

その、外海地区でひっそりと栽培されてた ゆうこう を使用した 甘酒です。

最近は “飲む点滴” として、かなりブームです。

が…結論を急げば…

「甘酒はベーシックが一番。 色んな味のバリエーションはしないでね。」

って、言いたいのが感想ですcoldsweats01  まだ、半分以上残ってますsweat01

今、秘かな人気の “茅の舎”

020 福岡県福岡市郊外に ひっそりと佇む、自然食のお店があります。 “ひっそり” と言うけれど実際は 知る人ぞ知る。 って感じで予約をしないと入れません。

 今日は、わざわざ長崎から 好奇心旺盛な お仲間と出かけました。

直ぐ近くに コストコが有り、そこでお買いもの。 また、問屋街を回る。

そんな たくさんの用事を入れて お昼はここで。 って、計画ですscissors

 創業明治26年。 もともとは 久原本家という 醤油、味噌を販売されてます。

019 018 一歩、足を踏み入れると

農家の一角にタイムスリップした感じです。

001 先ずは、季節のお飲物。今日は…キュウイのソーダ割り。

向こうには 日本庭園が見えます。

002 前菜盛合せ。 どれも、これも手が込んでますsweat01

003 何かのスープ (もう、日にちが過ぎれば忘れるものです)

004 005 ふろふき大根。

006 007 野菜の炊き合わせ。

008 炊き立て雑穀米。009


産み立て卵で、 懐かしい 卵ご飯です。 いいでしょsign02

011 デザートは…何かのゼリー。 

相変わらず 「のど元過ぎれば 何とやら」  ですhappy01

 この後 友人の大おススメの “新劇座” を見に。 う~ん…ビミョウでした。

遠藤周作文学館

029 数年ぶりに ここへ来ました。

学生時代の友人が、お里帰りをしたので 「せっかくだから 少し遠出しましょう。」

と言うことになりました。

 折しも、今 映画館で “沈黙” が上映中です。

平日のいつもは 訪れる人もまばらです。 だけど…今日は団体のツワー客や、タクシーを借り切って 外海近辺を巡る方達と 一緒でした。

 ここの展示内容は 私…大好きです。 毎回行っても 胸がキュ~ンと、痛むのです。

常設展示場には、遠藤氏の幼少期から 挫折した小・中学校時代。 母の影響で洗礼を受けた事。 慶応義塾の文学部に入学。 そして、3年間のフランス留学。

 その間、母は いつも 遠藤氏を励まし、褒め続け、無償の愛を注ぐのです。

そんな 内容が写真と共に 展示され、私はここへ来るたびに何度、励まされた事かsign01

 映画の上映中とあってか、 特別企画展 “沈黙” と長崎 も、見がいがありました。

027 この日は、こんなにも海が青くて 遠くは五島列島までも見渡せました。

人間がこんなにも哀しいのに主よ、海があまりにも碧いのです。

まさに 沈黙の 文章のような海の色でした。
 また、こんな 展示もありました。 踏み絵 を前にして

誰が踏みたくて 踏絵に足を かけたろう。

踏絵に足をおいた時 その足がどんなに痛かったことか

あぁ、なんて深い深い文章でしょう。 

 文学館は勿論 撮影禁止です。

心に残った文章は メモしました。 今 私の手元にあるメモに…

“沈黙” の原題は “日向の匂い” だった事を初めて知りました。 今日、PCで

“沈黙” って、検索したら セットで “日向の匂い” って、ありました。

 それを知ったユーザーさん達は、「あの ほんわかした、布団を干した後の 日なたくさい」  イメージを持ったらしく、 

 「沈黙 の深さと違ってがっかりです。」 と、言う意見が多数。

 しかし、遠藤氏は こんな事を言ってました。

日向の匂い…挫折した人間が 自分の家のひなたの中で 過ぎ去った自分の人生を考える時の “孤独の匂い” と言う 重層的な意味が込められていた。

と。 深いでしょう? またまた、感銘を受けました。

 最後に、映画 沈黙 を、見た著名人からのメッセージが飾ってありました。

その中の一人に、芥川賞作家の 又吉直樹さんの言葉。

「人生に必要なものは 悟りではなく、迷い。」

「答えではなく、葛藤である。」

何でもかんでも、乱暴に白黒つけるのでなく 世界には濃淡があるということを、理解する。 はざまで揺れる。 その行為は 簡単に答えを出すよりもはるかに体力がいること

です。 

 これまた、素敵っ。 実は私…又吉さんは好きです。 顔も好きです。

長崎市郊外にある 外海地区。 すぐ近くには 出津教会、ドロ神父記念館、沈黙の碑

など 見どころがいっぱいです。

 「長崎は何度も行ったけど、こんな場所は知らなかったわ。」

と言うあなた。 また、最近 少し人生に疲れたあなた。

いつでも お声を掛けて下さいね。 私でよければ、いつでもご案内いたします。
032 沈黙し続ける海は 今日もキラキラと輝いていました。
http://www.city.nagasaki.lg.jp/endou/facility/ ⇒ 遠藤周作文学館

節分祭

044 2月3日は、全国各地で 節分の行事が行われました。

ここ長崎市 諏訪神社でも、 恒例の 豆まきが開催されました。

長崎に住んで うん十年。 こうして節分祭に来たのは初めてでした。

 実は私が 入会させて頂いてる 婦人会の奉仕活動の一環です。

035 73段ある、長坂にも たくさんの人々が登って来ます。039 境内には 甘酒や福豆も販売されてます。

この 甘酒売りですが、何だか楽しそう…来年は 是非、この仕事を希望しようと思います。

 えっ? じゃぁ 私の仕事ですか?

豆まきをされる、年男 年女 や、長崎の著名人の方々に 紋付袴を着せる お手伝いです。 着物さえ 一人で着れない私が 袴なんて、とんでもないcoldsweats01

しかし、控室には “日本着物着付け~” の皆様が控えていらっしゃいました。

 だから、その方たちの助手となって 

「やれ、伊達帯じゃ」 「背中に入れる枕じゃ」 「袴の紐を ぎゅ~っと締めて」

等々の 要望に テキパキと対応した私good ⇒ 普通、自分では自慢しないsweat01

 038 とても良い経験が出来ました。

18時から始まる 豆まきは30分毎に 撒く人が変わります。

045 次から次へと 参拝者がいらっしゃいます。

034 まだ日が浅いうちに到着しましたが こうして消防自動車も待機して 何やらお祓いをしています。 何かしら?

036 あぁ、分かりました。

古くなった お札などを燃やしてるのですね。 火の粉を浴びて 今年の幸せを祈ります。

謹賀新年

006 2017年元旦です。

長崎は晴天に恵まれ、とても穏やかな新年の幕開けでした。

 皆様、明けましておめでとうございます。

005 長崎市内にある 護国神社 に初詣にいきました。

おみくじも引きました。

 今年も 皆様にとって 幸せな一年でありますように……fuji

“もみじちゃん” ごめんなさい。

008 我が家の もみじです。

あんなに 「色がイマイチdown なんか血の色みたいdown

などなど、随分 失礼な事をいいましたが もう少し時間が経ったらこんな素晴らしい紅葉になりました。 

002 庭に落ちた もみじも…

023 つげの木の上にも…

何だか すっかり “晩秋感” がいっぱいです。

022 ほらねup  020_2

やっぱり庭師の方が 言われたように 夏に葉っぱをすべて落とした 荒治療が良かったのですね。  みなさんも やってみたら如何でしょうsign02

お風呂でほっこり。

美味しいお食事タイムが終わりました。 

ラストオーダーが2時半でしたので ちょっと急いで車を走らせました。

伊勢路に着いたのが 2時。 だから、お店のお客は私達だけでした。

012 実は、ここのランチには “温泉” が付くのです。

¥1620 のランチには もれなく。 ¥1050 のランチには 温泉半額券 です。

上記写真は 露天風呂です。 眼下には 日本一長い足湯が見え、キラキラ光る橘湾も見えます。

013 茂吉の湯 という名前がある 内湯です。

 何と、最初から最後まで私一人でした。 正に 貸切状態です。

思うに……食事の時間が良かったのだと思いました。

お昼の12時~1時くらいだと きっとお客様が多いでしょう。 と、いう事は必然的に お風呂に入る人も多いと思います。

 そして、この日 お泊りされるお客様は 3時がチェックインでしょsign02

3時過ぎると、宿泊のお客様が……「まずは、お風呂に入って ゆっくりと。」 と、なります。

つまり、偶然にも 一番少ない時間帯だったのですね。

 この 伊勢屋旅館の “温泉付きランチ” は、おススメですよ。

http://www.iseyaryokan.co.jp/   伊勢屋さんのHP

http://www.iseyaryokan.co.jp/pdf/restaurant.pdf   伊勢路のランチメニュー

«ちょっと、小浜まで…