2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

またまた…お邪魔しました。

015 いったいこの夏、何回 行くつもりでしょうか?

他県から いらしたら どうしてもこちらへ ご案内したくなるのです。

003 注文するのも ほぼ同じ。 今日は、ヤマメの刺身をチョイス。 サーモンみたいな色。 身が冷えてたら もっと美味しかったのに…。

恐らく、直前まで (自分の運命さえ) 知らず、仲間と泳いでいたに違いありません。

それが…突然 捕まって 挙句 刺身にされるなんて…coldsweats01

006 から揚げになった ヤマメとて同じ運命です。

018 019_2

雲仙の伏流水で 育てられたヤマメたち。 たくさんの水槽の中で 大きさで分かれてました。 まるで “幼稚園児” “小学生” “中学生” ……のような、ヤマメ達でした。

017 こうして、餌も付けず 竿だけで簡単に釣れてました。

子供達でも簡単みたい。 でも…家に持って帰っても とても料理は出来ませんsweat01

この涼しい山奥で こんな環境で食べるから美味しいんだと思います。

007 009
011

鱧しゃぶで、お別れ会。

019 今日は、こちらへ 皆さんで伺いました。

020 実は、永年勤続 約30余年の方の 涙・涙の送別会でした。

二人、退職されます。 

感謝状と 共に、こっそり皆で書き込みをした 色紙も添えて送りました。

042 045  この日は、“初夏のご馳走 鱧尽くし” を、頂きました。

044 高嶋料理長から、鯛の尾頭付きの一皿も サプライズで提供されました。 この日の主役の方に。 有難うございますheart02

060 メインの 鱧が登場です。 薄造りのため、あの小骨の口当たりは全くなし。 まるで、ふぐ刺みたいですね。

中央にあるのは、淡路島の玉ねぎです。

061 この出汁が 美味し過ぎsign03

先ず、玉ねぎを一度に投入。 そして、一枚一枚を 「しゃぶ、しゃぶ。」 しましたよscissors

066 仕上げは、鱧雑炊。 大満足な一夜でした……。

 8月いっぱい、このメニューが頂けます。

機会がありましたら、皆様も是非。 おそらく京都など 都会の半額で頂けると思いますよ。

ハス畑

022 ほらっ。 ほらっ。

027 トンボも、しっかり 楽しんでます。

030 ここは、長崎県唐比ハス園です。 この季節になると

美しいハスの花が満開になります。 今年も訪れました。

021


029 028

 この日は、ハス祭りが開催されました。 ……が、時間が過ぎてましたから お客様も少なく ゆっくりと観賞出来ました。

一緒に行った友は

「え~っsign01 このハスの花の下(泥沼) に、レンコンが出来るのsign02

と、初発見。 皆さんは、知ってたでしょsign02

 ちなみに、レンコンは “私が好きな野菜 ベスト10” に、楽々入ります。

そして、一位は…ダントツの ごぼうです。

牛肉と甘辛く炊く 牛ごぼう や、きんぴらごぼう、 ごぼうの天ぷら、 ごぼうの お煮しめ。

あぁ、どれも ごぼうの味を生かした料理ですね。

アイリッシュな、気分。

052 051


梅雨の晴れ間の、ある日。 ちょっと、いい感じの お店へ行きました。

店内のBGMは…アイリッシュダンス風な音楽。 アイルランドの田舎をイメージしてる様な雰囲気…

041 ワッフルがメインです。

しかしながら、この日は もう充分すぎるお昼を頂いたので 遠慮がちに

「あの~、ワッフルを一つ注文しますsweat01 お皿は3枚で…coldsweats01」 と。

つまり、3人で 一枚のワッフルを分けて 頂きました。 パリッとした表面。

メープルがたっぷり掛かった 生地。とろ~り 溶けてるバターと生クリーム。

039 フルーツがタップリ入った スカッシュも頂きました。

036 035 店内は、こんな感じ。

037 らせん階段を上ると、アンティークな品々が並べてありました。 

042 046

 昼下がりのある日……ゆっくり、のんびり 時間が過ぎて行きました。

054 宮崎ワールドに出てきそうな看板。

058 橘湾が一望できます。 思いっきり深呼吸したくなります。

055 あっsign03 長崎空港を飛び立った飛行機が 真上を飛んでました。 何処へ行くのでしょう…。

長崎コンサート

 7月4日、長崎ブリックホールで さだまさしさんのコンサートがありました。

久々、長崎でのコンサート。 私もとても楽しみでした。

「わ~っ、故郷に帰って来て 嬉しかぁ。」 と、いきなりの長崎弁。

「今日のトークは全て、長崎弁で話す。 良かねぇ?」 と。

会場、大拍手。 こんなだからファンの皆様は 遠い長崎のコンサートへ足を運びたくなるのですね。 分かるような気がします。

 相変わらず、 3:7 いえ、 2:8 だったかな? 何の比率と思いますか?

約3時間のコンサートの中 2が歌で、8がトークです。

いえ、もしかして 3が歌で、7がトークsign02  本当に楽しい時間でした。

001 さて、頂いたパンフレットの中に 早くもディナーショウのお知らせがはいってました。

しかも、今年は長崎で初めてのディナーショウ。 そりゃ~行かんばやろう。

004 そして、次はコレ。

“さだまさしの世界 特別展” です。 場所は、長崎県美術館。

今年の 10月6日~11月5日まで。 ……うん? 何だかとっても良い時期と 重なってるじゃぁ、あ~りませんかsign03

 つまり…長崎くんち と、一緒です。

さぁ、どうしますか? 今から ホテルと飛行機を、ゲットしなくちゃ。

癒されグッズ。あなたのおそばに…

011 012

 皆さん、このフィギアァは ご存知ですか?

“コップの フチ子さん” です。 何とも魅力的で可愛いですね。

他にも色んな フチ子さんが居ます。 

だけど……実は、長崎にもありましたぁscissors

014 ふちのりにゃんこ です。

016 しかも…3種類。 “のりこえ” “逆さ” “ぶら下がり”

どれも、愛くるしい表情としぐさです。 実は…弊社の商品ですcoldsweats01 各400円

 お馴染みの…にゃがさきシリーズの 一種です。

ねこ好きのお客様のみならず、そうでない方々にも お買い上げ頂いてます。

長崎空港、長崎駅、美術館、歴史博物館、長崎の猫雑貨 …… などに置かせて頂いてます。

 もしも、どこかで見かけたら 貴女のお家に 一人?でも、連れ帰って下さいね。

仕事場の貴女の机に チョコンと置いて下さい。 キット、心が癒されますよ017 持ち運びに便利な “お散歩にゃんこ” も、居ます。

手足が動き、ちょっと行動派ですcoldsweats01

父の日に…

001 親元を離れ、遠くで暮らす長女から、こんな物が届きました。

何だか、高級感漂うマンゴーです。

005 立派なマンゴーが、凛としてます。 食べ頃でしょうか?

007 種は平べったくて まるで紋甲イカの骨?みたいだから

魚を三枚に下ろすように包丁を入れました。

008 きれいに切れました。 

まぁ、なんて美味しい~heart04 濃厚な味。 とろ~り食感。

父の日とはいえ…母が、それ以上にたくさん食べましたhappy01

N子ちゃん、有難うさん。

パインテールファーム

 「せっかく、雲仙へ来たのだから ちょっと寄りたい所がある…」

と、主人が言ったので とりあえずsign02 同行しました。

017 雲仙の温泉街を抜け、諏訪の池をめざし、また すごい道無き、道を走ってやっと到着です。

「あらっ、素敵っ。 こんな所に、こんなお店が…」 って、感じです。

012 テラスの先には、のんびりと2頭の牛が草を食んでます。

オシャレな店内。 オーナーご夫婦は、ご高齢…と、言っても私達より お若いかもsign02 

すみません…sweat01

014ヤマメの里で、お腹いっぱいになった私達。

さりとて、何も注文しない訳にはいかず フルーツピザと、

016 濃厚ヨーグルトと、バニラアイスです。

“別腹” とは、よく言ったものです。 ちょんと、食べれましたから…good

018 山の中にある 癒しの場所。

のんびりと過ごすには おススメの パインテールファームです。

http://djobidjoba.com/works/%E8%BE%B2%E5%A0%B4%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%80%8Cpine-tail-farm%EF%BC%88%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0

↑HPでは、ないけれど…

この季節がやって来ました。

007_2 長崎県雲仙の 山中にある “ヤマメの里”

今年も早々に行って来ました。 ちょうど、お昼時に行ったのですが 訪れたお客様は

私達と あと一組のみ。 気の早い客でしたsweat01

 ヤマメのから揚げ。 私はコレが一番美味しいと思います。 頭からしっぽまで食べれます。

008 次は 塩焼きです。 写真を見て分かるように まぁ、塩加減の多い事。 「辛さ、辛さdown」 です。

次回、お邪魔した際は 「塩加減は どうぞ 控えめに…」 と、言うつもり。

004 流しそうめんも お願いしました。

何せ、行ったのが五月の下旬。 長崎市内はもう 充分 暑かったのですが…。

流石に 雲仙の山の中。 寒くてクーラー要らず。

「何ばし (長崎弁です。) そうめんを水に流さずとも そのまま食べる方が今日は正解ね。」

と、言う事で 初めの 一すくいは流しましたが あとは、そのままつゆに入れて スルスルと…。  う~ん、美味なり~。

 本当に美味しい 夏の風物詩です。

010 しかし、ちょっと油断したら ほらっsign01 狙われます。011 あちらから、こちらから…と、敵も熱心です。

他にも数匹いました。 ここの飼い猫でしょうか? でも…何か、可愛いheart04

あそぼーい

012 北九州のホームに立ってます。

あっsign01 向こうから 列車が静かにホームに入ってきました。

015 あそぼーいです。 何だか可愛いheart04

 今日は、コレに乗って 博多まで行きます。

 本当は、熊本県の阿蘇地方を走る列車ですが、去年の大地震の影響で まだ不通になった箇所があり こうして違うコースを 健気に 別の場所で仕事してるのです。ウルウルweep

016 車内はこんな感じ。 なんか銭湯っぽい…。

017 先頭車両からの眺め。 いえ、後方車両ですねsweat01

018 020

車内は色んな アイデァで、子供たちを飽きさせません。

022 シートが可愛いですね。 親子仲良く 座れるなんてsign01

023 ほらっ、やっぱり子供たちの天国でした。 ひのき玉のプールで楽しそう。

019 車内販売があると ついつい、買ってしまいます。 私も子供…?? (図々しいhappy01)

«今年も、たわわに…